顔の描き方 バランスの良い アタリの取り方 徹底解説 | 独学イラスト描き方ぶろぐ( ´▽`)♪

【顔の描き方】〜アタリの取り方。徹底解説〜(保存版)

今回は、顔をバランス良く描くための、

顔の比率と、あたりの描き方をご紹介します♪


あたりを描くことのメリット

まずあたりを描くことには、どんなメリットがあるんでしょう?

・全体のバランスが整う

角度のある顔やポーズなどが、自由自在に描けるようになる

確かに、慣れてない時にあたり無しでいきなり描くと、目や口の位置がぐちゃぐちゃになっちゃうんだよな〜。

いきなり描と、パーツの位置バランスが、ズレてしまいます。

最初は慣れないかもしれませんが、あたりを取ることは

どんなプロの方でも通る道なので、しっかりおさえておきましょう。

まずは顔の比率を見よう

顔には以下のように目安になる比率があります。

 

①目と目の間には、目1つ分の隙間がある。

②髪の毛の生え際、まぶた、鼻の下、アゴまでの幅は、1:1:1

③鼻の下からアゴの幅を1:2にしたところに口が来る。

いきなり覚えるのは大変なので、

気になった時に、確認しに来てくださいね♪



実際に顔のあたりを描いてみよう【正面】

まずはベーシックとなる正面からです。

順序やコツは下記で詳しく解説していきます。↓↓


実際に描いていく

円を描く

これが顔の中心になります。

円の中心に横の直線を引く


十字になるよう縦線を引く

これが顔の中心の軸となります。

面の両端をざっくり削る

顔の横を削り、輪郭の横の基準になる線を引く。


アゴの位置がくるところに横線を引く

円の下に、横軸を引き、アゴの長さを決めます。

・円との距離が近いと童顔に、遠いと面長になります。

(下のサンプルは童顔に近い長さで線を引いています)


鼻の位置がくるところにひし形を描く

鼻は、顔の他のパーツ位置を決める重要な役割があるので、目より先に描きます。

(鼻の下書きをひし形で描くことにより、位置が把握しやすくなるので、

デフォルメで描く際も、下書きはひし形にしましょう)




目の位置を描く

横軸を中心に目を描きます。

・縦じくは顔の横〜中心の半分のところに基準を合わせます↓

目の幅は下記の 1:1:1 を参考にしてください。


縦線を引いてアゴの幅をきめる

幅を細くすればスリムな輪郭に、太くすればずんどうな輪郭になります。


目とアゴの横線の、1/2のところに横線を引く

これが輪郭の頬部分の基準になります。


先ほど引いた横線と、アゴをつなげて輪郭をつくる


11.  耳を描く

まぶたと同じ高さと、先ほど描いた横線を結んで耳を描きます。


12. 眉の位置と口の位置を描く

口の位置は、図の比率 1:2 を参考にすると描きやすいです。


13.  首の位置を決める線を引く

首のラインは頭部とつながっていることを意識しましょう。

(女の子の場合は細くて大丈夫です)


14.  鎖骨の基準になるラインを引く

首の下に横線を引きます。

15.  肩のラインを引く

この線を引くと、肩がのラインが自然になります。

 


16.   肩のラインと中心を三角に結び立体的にする

17.   頭部の線を引く

頭部の輪郭は、アゴ〜目・目〜頭部 を1:1にすると描きやすいです。


正面のあたりが完成!!

正面から見た顔のあたりが描けました。

まだ坊主の状態なので、ここから髪の毛などを描き足していきます。

やっと完成した!

これでバランス良く顔が描けそう〜!

 

そうだね!ここからの描き方は、

目、鼻、口、などパーツにに分けて順番に解説していくよ♪

まとめ

あたりを取ると言う作業は、最初は大変で時間がかかるかもしれません。

でも積み重ねれば、あたりを取らなくても早く・バランス良く描けるようになってきます。

イラストの上達には欠かせませんので、練習を重ねていきましょう♪

 


ブログ管理者:空木ゆずる

わからない事や質問はどんどんお寄せください〜♪( ´∀`)

 

続き

次回 目の描き方

前回 イラストが最も早く上達する5つの方法



コメント

タイトルとURLをコピーしました